• 健康・美容はこちら

健やか通信2015年2月号

2月の別名「如月」の由来は、着物を重ね着する「衣更着」とも、日ごとに陽気が暖かくなる「気更来」ともいわれます。寒さがピークを迎える2月ですが寒空の下にも梅がいち早く咲き始めています。節分の豆まきをして立春を迎えれば、春はもうすぐそこ。日差しは少しずつ明るさを増し、ふきのとうも顔を出します。とはいえ「寒のもどり」といって寒さがぶり返すこともあります。風邪をひかないよう温かくして今月も健やかにお過ごしください。

今月の花
チューリップ
チューリップの写真
シルクのように艶やかな花びらが春風を運ぶチューリップ。古くから栽培され、世界中の人々に愛されてきました。つぼみから徐々に開いていく花びらまで、さまざまな表情を楽しませてくれます。花言葉は「恋の宣言」「博愛」「名声」。

今日は何の日?

 節分とは季節の分かれ目のことで、もともとは立春、立夏、立秋、立冬の前日を指します。旧暦では立春が新年を迎える特別な日だったため、現在では立春の前日のみを節分というようになりました。
 節分前日に一升枡や三方に入れた福豆を神棚に供え、節分の夜には豆まきをします。家中の戸を開け放ち、主が「鬼は外、福は内」と大きな声で唱えながら豆をまき、福が出て行かないように戸を閉めます。その後、自分の年の数だけ豆を食べて、無病息災を祈ります。
 節分には、焼いたいわしの頭を刺した柊の枝「やいかがし(焼き嗅がし)」を軒下に吊るします。これは、柊で鬼の目を刺し、いわしの臭いで鬼を追い払う、魔除けのおまじないです。
 恵方巻きも無病息災を願う風習です。その年の恵方を向き、太巻き寿司を丸かぶりしますが、食べ終わるまで何もしゃべらないのがお約束。関西の風習でしたが、今では全国区に広がっています。

節分のイラスト

今月の祭り

 国内外から200万人以上が訪れる札幌の冬の一大イベント。3会場で開催されます。
 「大通会場」では、大通り公園西1丁目から12丁目の約1.5qに大小さまざまな雪氷像が並び、夜はライトアップされて迫力満点です。真っ白い雪と透き通る氷だけで作り出された芸術作品は幻想的。11丁目で開催される国際雪像コンクールには世界各国のチームが参加し、会期中に制作過程を見学できます。
 子どもたちに人気なのは「つどーむ会場」。屋外には巨大なすべり台やスノーラフトが設置され、大自然の中で雪とふれ合うことができます。また、屋内には、家族そろって楽しめる飲食ブースやファミリー広場もあります。
 「すすきの会場」では趣向を凝らした精巧な氷像が展示されるほか、撮影スポットとしてのイルミネーションロードを設置。アイスバーではホットワインやオリジナルカクテルが楽しめます。

さっぽろ雪まつりのイラスト

ゆっくりおやつタイム チョコレートのムース

チョコレートのムースの写真

●材料(6〜8個分) (デミタスカップ6〜8客分)
製菓用チョコレート…100g
バター…20g
グラニュー糖…大さじ1
卵…3個
ブランデー…大さじ2
生クリーム…50ml

●作り方

  • チョコレートは刻んでボウルに入れ、バターも加えて湯せんで溶かし、グラニュー糖を加えてよく混ぜる。
  • (1)を湯せんからはずし、卵黄を1個ずつ加えて混ぜ合わせ、ブランデーを加えてよく混ぜる。
  • 卵白をかたく泡立て、(2)に少しずつ加えてよく混ぜる。カップに注いで冷蔵庫で冷やし固める。
  • コンデンスミルクを湯大さじ2でときのばし、みかんの絞り汁と混ぜる。
  • 生クリームを泡立て、絞り袋に入れて3にハート形に絞り出す。

七草がゆで体に春を

芽生えの力をいただく七草がゆ
  お正月にいただく七草がゆは、現代の暦でいうと2月に入ってからの行事。七草は春一番に芽生える植物で、これから成長していくためのエネルギーが秘められています。
 七草がゆには内臓を動かし、冬の間にたまった不要なものを外に出す解毒効果もあります。せり、クレソン、かぶや大根の葉…。ハコベやハハコグサも庭先で見つけたらきれいに洗い、細かく刻んで加えましょう。

体も春への準備を
 この時期は、春に向かって目覚めていく自然と共鳴して、体内にも目覚めのエネルギーを少しずつ入れていきます。おかゆは体を温め、消化も助けます。七草だけではなく、鶏肉や、ほたて、えびなどを入れるのもおすすめ。小さく刻んで酒であえてから、ほぼ炊き上がったおかゆに入れて火が通るまで加熱し、薄く塩で調味します。これらのたんぱく質は肝臓の働きを助け、春に活発になる肝の働きをよくします。体も少しずつ動かして、春への準備を始めましょう。

七草がゆのイラスト

生活ケアのワンポイント 今月のテーマ「介護保険の基礎知識」

ご家族の誰かが突然倒れたり、現在、家族を介護しているものの、日に日に介護が大変になってきた時、頼りになるのが介護保険です。今回は、どのようなサービスをどうしたら受けられるのかなど、介護保険についての基礎知識を紹介します。

介護保険の仕組み

 2000年4月からスタートした介護保険制度は、今年(2015年)で15年を迎えます。その存在は広く知られるようになったものの、実際は「利用する方法がわからない」という方も多いのではないでしょうか。
 介護保険は、40歳以上のすべての人が納める保険料と税金を財源として、介護が必要な人に介護サービスを提供し、その人と家族を支援する制度です。そして、市町村が保険者となり運営し、65歳以上の人を第1号被保険者、40歳〜64歳の医療保険に加入している人を第2号被保険者と呼びます。
 第1号被保険者は原因を問わず、所定の介護や支援が必要と認定された人が、サービス事業者の提供する介護に関するサービスを選択して利用できます。ここでは、第1号被保険者についての介護保険についてお話しします。

介護保険利用のスタートは役所への申請から

 介護保険に加入している人なら誰でも、65歳以上になると市町村から「介護保険被保険者証(介護保険証)」が郵送されてきます。しかし、介護保険証があるからといって、いきなり介護サービス事業所に行っても、介護にかかる費用が保険から支払われるわけではありません。ここが同じ保険証でも、医療保険と大きく違うところです。
 介護保険証を使うためには、まずは利用者の住んでいる役所の窓口に行き、必要な書類を提出して申請をする必要があります。申請は本人のほかに家族やケアマネジャー(介護支援専門員)、地域包括支援センターなどによる代理申請もでき、無料です。
 申請すると市町村などの訪問調査員が自宅などを訪問し、心身の状態などを聞き取り調査します。訪問調査で聞かれる内容は、たとえば手や足に麻痺があるかなどの「身体・動作」、自分で着替えができるかなどの「生活機能」、日課を理解しているかなどの「認知機能」、自分でお金の管理ができるかなどの「社会生活」、さらに最近受けた治療について、などです。また、主治医の意見書も必要なので、あらかじめ主治医を決めておくといいでしょう。これらをもとに、(表)の八つの要介護度区分の、いずれのランクに当てはまるかが判断されます。
 要介護度の認定結果および認定理由は、原則として申請から30日以内に郵送されてきます。要介護度によって、受けられるサービスの利用範囲が異なります。
 サービスを利用する場合は利用料の1割を支払い、同時に介護保険料も支払い続けます。
 非該当と認定された場合は、介護保険サービスは利用できません。介護サービスは利用できますが、全額が自己負担となります。ただし、市町村によっては口腔ケア教室など、介護予防事業で実施されるサービスを受けられる場合があります。

「要介護」で利用できるサービスは、居宅から通所までさまざま

 要介護で利用できる介護保険サービスには、大きく3つに分類されます。
 一つ目が、自宅にいながらサービスが受けられる「居宅サービス」で、訪問介護、訪問入浴介護、訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、デイサービス(通所介護)、デイケア(通所リハビリテーション)、ショートステイ、福祉用具貸与などです。
 二つ目は、看護師やヘルパーなどが定期的に訪問し、診療の補助や日常生活の援助を行う「地域密着型サービス」です。定期巡回・随時対応型訪問介護看護や、夜間対応型訪問介護、認知症対応型通所介護などがあります。
 三つ目は、介護保険施設に入所(入院)する「施設サービス」で、施設で提供される身体介護や生活援助、栄養管理などのサービスを受けることができます。施設には特別養護老人ホームや介護老人保健施設、指定介護療養型医療施設などがあります。

健やかポート

「健やかポート」は、あなたと『健やか通信』をつなぐ交流ページです。

ポートの内容

2月(初春)の季語と俳句

一年中でいちばん寒い時期ですが、暦の上ではもう春。立春、春一番など春の訪れを感じさせる季語や、雪割草(ゆきわりそう)蕗の薹(ふきのとう)など力強く咲く初春の花も彩りを添えます。

猫の恋【ねこのこい】

うらやまし思ひ切る時猫の恋

越智(おち)越人(えつじん)

猫の発情期は年2回ありますが、雄が発情するのは、うらかかな陽気の春。思いのままに求愛の鳴き声をあげていた猫が、発情期が終わるとピタッと騒ぎをやめて、平然としている。恋心を断ち切る思いきりのよさについては、猫がうらやましいと詠んでいます。

海苔【のり】

行く水や何にとどまるのりの味

宝井其角(むらいきかく)

水中の岩石につく海藻を、紙漉(かみすき)の要領で一枚に重ね合わせ、干して仕上げたものが海苔。初春に採ったものは光沢があり、香りも高いといわれています。この句は、淡い水の中で育つ海苔が、香り高く甘やかな味をとどめる不思議さを、さらりと詠んでいます。

こんな季語もあります

春寒(はるさむ) ()(かえ) 薄氷(うすらい) 野焼(のや) 東風(こち) (かすみ) 初午(はつうま) 白魚(しらうお) 公魚(わかさぎ) 針魚(さより) 片栗(かたくり)(はな) (うめ) 春菊(しゅんぎく)

蒸したもち米などを乾かして炒り、砂糖や水あめを加えて固めた干菓子。豆やごまなどを加えたものもあります。「雷おこし」は東京名物。大阪は「粟おこし」が有名です。

答え

【ご注意】この情報は2015年2月現在のものです。