• 健康・美容はこちら

健やか通信2014年9月号

残暑はまだまだ厳しいものの、朝夕は大分、過ごしやすくなり秋の気配が少しずつ感じられるようになりました。週末や祭日を利用して、秋晴れのさわやかな空の下、山へ高原へと足をのばすのも楽しそうです。きのこやいも類、さんまや栗、新米などお待ちかねの秋の味覚も出そろいます。夏の疲れが出やすいときですがしっかり食べて元気をキープし、今月も健やかにお過ごしください。

今月の花
キキョウ
キキョウの画像
秋の七草のひとつで、秋の野に凛と映える、端正な花姿が印象的。涼しげな青紫の花のほか、白やピンクの花もあります。ほころぶ前のつぼみの楚々とした風情も日本人の美意識をくすぐります。花言葉は「変わらぬ愛」「誠実」。

今日は何の日?

秋の収穫物を供えて美しい満月を愛でる。

旧暦8月15日の夜を「十五夜」と呼び、その晩にお供えをして月を観賞することを「月見」といいます。月見の風習は中国から伝わったもので、平安時代には宮中で観月の宴が催され、江戸時代には武士や庶民の間にも広まりました。
農家では収穫時期と重なるため、豊穣を象徴する満月に、収穫したばかりの里いもを供えて豊かな実りを祈りました。そのため十五夜は「いも名月」とも呼ばれています。
また、旧暦の秋は7〜9月で、8月は秋の真ん中の月なので「仲秋」、十五夜は、秋の真ん中の日である15日の月を指すことから「中秋の名月」とも呼ばれます。実際、この時期は空気が澄みわたり、1年で最も月が美しく見えるとき。家族そろって秋の夜空の月を愛でるのも風流かもしれませんね。
ちなみに現在では、おだんごやすすきを飾るのが一般的なお月見スタイル。おだんごは里いもをかたどったもの、すすきには魔除けの力があるいわれています。


今月の祭り

越中おわら節の調べにのせて静かに踊る風祭り。

哀調を帯びた「越中おわら節」の歌と踊りで知られる富山市八尾町の秋祭り。祭りが行われる二百十日前後はちょうど台風シーズンにあたり、昔から収穫前の稲が台風の被害に遭わないよう、豊作祈願をした「風祭り」がはじまりと言われています。
格子戸の民家や土蔵など昔の面影を残す町並みにぼんぼりが立ち並ぶ中、三味線や胡弓の調べにのせた「越中おわら節」に合わせ、編み笠を深くかぶった男女がそろいの法被や浴衣姿で坂の町を流し歩きます。
この叙情豊かで気品高い歌と踊りをひと目見ようと、3日間で26万人もの観光客が集まります。踊りは演舞場でも見学でき、各町で行われる輪踊りには一般観光客も参加することができます。

ゆっくりおやつタイム いちじくのグラタン

いちじくのグラタンのマンゴーソースの写真

●材料(2人分)
いちじく…2個
卵…1個
卵黄…1個分
砂糖…大さじ2
豆乳…1カップ
生クリーム…1/2カップ
バター

●作り方

  • いちじくは縦3〜4等分に切る。
  • グラタン皿2枚に薄くバターを塗り、(1)を半量ずつ並べ入れる。
  • ボウルに卵と卵黄を入れてときほぐし、砂糖を加えてよく混ぜる。豆乳と生クリームを加えてさらに混ぜる。
  • (2)に(3)を等分に流し入れ、 200度のオーブンで表面に焼き色がつくまで焼く。

胃の疲れをとる

お粥で胃を休める
 残暑が厳しいこの時期、胃の疲れはピークになるので、胃を休めることが大切です。食事は消化吸収のよいもので胃の負担を軽減します。
 おすすめはお粥。暑いのにお粥?と思いますが、消化吸収がよいのはごぞんじの通り。脾胃の「気」を補うお米と、消耗した「陰」を養う山いも、脾胃の気を養い、疲労回復物質を含む鶏むね肉を組み合わせたお粥なら、おいしくて満足感があります。

疲労は軽いうちに回復を
 数日から1週間、お粥を続けて脾胃の疲れがとれると、体の疲れも回復してきます。疲労はそのままにせず、軽いうちに回復させることが大切です。「まあ、このくらい」と放っておくと回復に時間がかかります。こまめに自分の体をいたわりましょう。

夏野菜の写真

生活ケアのワンポイント 今月のテーマ「新型栄養失調」

最近、高齢者の新型栄養失調に関心が集まっています。そこで、栄養失調を予防するための食生活を考えてみたいと思います。

床ずれはどうしてできるのか?

 床ずれは医学的には「褥瘡」と呼ばれ、その一番大きな原因は、からだを動かさず、同じ姿勢でいることです。健康な人であれば、長時間寝ている時でも寝返りをうつなどして、少しずつ動いています。しかし、自分で寝返りをうてないなど、からだに障害があると、どうしても同じ姿勢で寝ざるを得ません。その結果、骨など突出しているところが圧迫され続けて血行が悪くなり、必要な栄養や酸素が運ばれなくなって、やがて皮膚の組織が壊れていくのが床ずれです。
 寝たきりの人では、2〜3時間ごとに体位変換(体の位置を変えること)が必要であるといわれているように、だいたい2〜3時間以上動かずに同じ姿勢でいると、体重が集中したり、圧迫されている部分の血行が悪くなり、皮膚が赤くなってきます。
 また、床ずれ=寝たきりと思われがちですが、たとえば、車椅子に座りっぱなしの高齢者でも床ずれはできます。さらに自分で動ける人でも、体調が悪いなどで一日の大半をベッド上で、しかも同じ姿勢で寝ていると床ずれができることもあります。
 そのほか床ずれの原因となるのは、皮膚に対するずれや摩擦です。ベッドの頭部を起こす場合、ベッドと接触している背中に摩擦が生じたり、からだがずり落ちるなどしてずれが生じます。さらに動いた際の寝衣にしわができたままでいると、皮膚が弱くなった高齢者では、そのしわや寝衣の縫目でさえも床ずれの原因になるので注意が必要です。

床ずれの早期発見ポイント

 床ずれの最初の症状は、皮膚が赤くなること(発赤)がほとんどです。その状態で見つけて、かかりつけの医師や訪問看護の看護師など医療者につなげ、早期に治療を開始すれば、それほど重症化することはありません。
 しかし、その状態を放置しておくと、やがてその部分に痛みを感じたり、浮腫がみられるようになります。さらに進行していくと表面に水泡ができ、その水泡が破れてびらんや浅い潰瘍となります。その床ずれが真皮に及ぶと組織が死んでしまったり(壊死)、感染の危険が増します。最終的には筋肉や骨、時には骨髄に及ぶこともあります。
 床ずれを初期の段階で見つけるには、介護している人がからだを拭く(清拭)際に皮膚の状態をよく観察することです。特に床ずれができやすいところ(図)、たとえば、骨が出ている部位や座った場合に体重がかかるお尻などの皮膚が赤くなっていないか、注意深く観察してみてください。
 もう一つの予防方法は、床ずれのできやすい人の場合は、あらかじめ床ずれ防止用具を使うことです。寝たきりの状態であれば、からだの一部が圧迫されないような「体圧分散マット」である「エアマット」や「ウレタンマット」などを上手に使うことで、床ずれを予防することができます。

床ずれ予防には栄養状態も大切

 床ずれの原因は、圧迫やずれ・摩擦などですが、実は栄養状態も密接に関係しています。食べられないなどの理由で低栄養状態になると、筋肉や皮膚、血液をつくるたんぱく質が不足し、床ずれができやすくなります。と同時に、低栄養状態では免疫力も低下するので床ずれも治りにくくなります。
 2時間ごとに体位変換をしているのに床ずれができてしまう高齢者の場合、栄養障害を起こしていないかを医師に診てもらってください。
 一方、皮膚の清潔も大切です。特におむつをしている場合は排泄物で皮膚が汚れ、皮膚がかぶれたりただれがちです。皮膚を清潔に保ち、かぶれやすい部分にはあらかじめ軟膏を塗るなどのスキンケアが必要です。ただし、軟膏を使用する場合は、医師か看護師に相談してからにしましょう。

床ずれのできやすいところの図

健やかポート

「健やかポート」は、あなたと『健やか通信』をつなぐ交流ページです。

ポートの内容

9月(仲秋)の季語と俳句

残暑厳しい時期ですが、暦の上では次第に秋も深まるころ。月見の季節だけに、名月、十六夜、立待月など月にちなんだ季語が目立ちます。

月見【つきみ】

岩鼻(いわはな)やここにもひとり月の客

向井去来

「岩鼻」は岩の突端、「月の客」は月見をする人を意味します。名月の夜、この岩の突端にもうひとり、己と同じように月に心を奪われ眺めている風流人がいる…。月見は、中秋の名月を眺めて賞すること。

野分【のわき】

鳥羽殿(とばどの)五六騎(ごろくき)いそぐ野分かな

与謝蕪村

吹きすさぶ台風の中、騎馬武者5、6騎が鳥羽殿を目指して急ぎ駆け抜けていく様子を詠った句。野分は「野の草木を吹き分くる風」という語感からできた貴族の雅言葉。今でいう秋台風のことをいいます。

こんな季語もあります

吾亦紅(われもこう) 露草(つゆくさ) 秋茄子(あきなす) 枝豆(えだまめ) 紫蘇の実(しそのみ) 竹伐る(たけきる) 白露(しらつゆ) 鰯雲(いわしぐも) 宵闇(よいやみ) 三日月(みかづき)

黒褐色のホンダワラ科の海藻。カルシウムやビタミンが豊富なヘルシー食品として注目されています。乾物をもどして煮ものやサラダなどに利用します。

答え

【ご注意】この情報は2014年9月現在のものです。