• 健康・美容はこちら

健やか通信2013年11月号

紅葉が見ごろを迎え、寒さも本格的になってきました。かきやたらなど旬の魚介、根菜類がうまみを増し、食いしん坊にはお待ちかねの季節。文化祭や展覧会、音楽会など文化的なイベントも楽しみです。冬が始まる心構えをしっかりして風邪をひかないように今月も健やかにお過ごしください。

11月霜月(しもつき)
いくつか説はありますが、寒くなっていよいよ霜が降り始める「霜降月」からきているというのが有力説。「神楽月」「雪待月」とも呼ばれます。

今日は何の日?

ボジョレ・ヌーヴォーのイラスト

3日 文化の日
 1946年の日本国憲法公布を記念し、1948年に制定された国民の休日。「自由と平和を愛し、文化をすすめる日」です。この日は皇居で文化勲章の授与式が行われ、各地で芸術祭や文化祭が開催されます。

3・15・27日 酉の市
 11月の酉の日に行われる、商売繁盛と開運招福を願うお祭り。「お酉さま」の名で親しまれ、浅草の鷲(おおとり)神社や新宿の花園神社が有名です。おかめや招福の縁起ものを飾った縁起熊手を売る露店が立ち並びます。

7日 立冬(りっとう)
 二十四節気のひとつ。日が短くなり、冬の気配がうかがえるようになります。暦の上ではこの日から立春前日までが冬となります。

11日 折り紙の日
 1を正方形の一辺に見立てて4つ組み合わせると折り紙の形になることから日本折紙協会が制定。この日は世界平和記念日にあたり、平和を願う折り紙の心に通じることも、そ の日付の理由です。

15日 七五三
 子どもの健やかな成長を祝う日。
一般的に男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳にお祝いします。晴れ着に身を包んで千歳飴を持ち、神社にお参りしたり、家族写真を撮ります。

20日 ピザの日
 ピッツァ・マルゲリータの名の由来となったイタリア王妃・マルゲリータの誕生日。ナポリを訪れた王妃に、当時、有名なピザ職人は王家に敬意を払い、イタリア三色旗になぞらえた食材<赤=トマトソース、緑=バジル、白=モッツァレラチーズ>を使ったピザを献上しました。

21日 ボジョレー・ヌーボー解禁日
 11月第3木曜日。フランスのボジョレー地域でとれたガメイ種の新酒赤ワインの発売日。世界中のワインファンが心待ちにしている日です。

22日 小雪
 二十四節気のひとつ。まだ雪はそれほど多くはないものの、山頂には雪が見られ、冬の訪れを感じるころ。

23日 勤労感謝の日
 「勤労を尊び、生産を祝って日々の働きに感謝する日」として、1948年に制定された国民の祝日。もとは、「新嘗祭(にいなめさい)」といって、稲の収穫を神さまに感謝する日でした。

今月の味 かき

かきの写真

 かきの種類は世界に約80種といわれています。岩がきのように夏が旬のものもありますが、冬場に出回るのはほとんどが真がきです。10月ころから店頭に並びはじめ、本格的なシーズンは11月に入ってから。寒くなるにつれて身が太り、うまみの素になるグリコーゲンやアミノ酸がふえておいしさが増します。
 かきはその栄養価の高さから「海のミルク」とも呼ばれます。良質のたんぱく質をはじめ、ビタミンやミネラル、活力の源となるタウリンも含まれています。
 かきには生食用と加熱用とがありますが、これは鮮度の違いではありません。生食用かきには食品衛生法で厳しい基準が設けられ、その基準を満たす海域で採れたものや、出荷前にきれいな海水や塩水で殺菌・浄化して基準をクリアしたものが生食用とされます。それ以外が加熱用です。生食用はよく洗ってある分、風味が少なくなっているので、加熱してもあまりおいしくありません。火を通していただくなら、あまり手を加えていない加熱用を。生食用はかき酢などに、鍋やフライには加熱用と、表示に従って使い分けましょう。

どこが違う?どう違う?みそいろいろ

原料麹の種類や味によって個性豊か
 みそは風味豊かで栄養価が高く、世界的に注目される健康食品。その数は千数百種といわれています。
 みその材料は、大豆と麹と塩。麹の種類によって米みそ、麦みそ、豆みその3つに分けられます。さらに味によって、甘みが強い甘みそ、糖分が多くて塩味がきいた甘口みそ、塩味をきかせた辛口みそなどに分類されます。

みその色を左右するのは醸造過程の微妙な差
 みそには色によって、赤みそ、白みそ、淡色みそがあります。
 色の違いは醸造過程の微妙な差によるもの。赤みその赤褐色は、原料の大豆を加熱するときに生じるもので、長時間蒸したり、高温で蒸し煮にすることによって濃さが増します。熟成温度が高かったり熟成期間が長いとさらに着色が進み、色の濃いみそができます。
 一方、白みそは大豆を蒸さすに、煮て使います。これは、煮ることによって大豆の褐変を引き起こす成分が煮汁に溶け出し、変色を防ぐため。さらに、色白で大粒の大豆を皮を除いて使ったり、色が白い麹や塩の選択、比較的短時間で熟成させるか長時間低温で熟成させるなど、着色を避ける手法で作られています。

産地によっても種類はさまざま
 みそは郷土色も豊か。仙台みそ、津軽みそ、佐渡みそなど、東北や越後地方では辛口の赤みそが主流。同じ赤みそでも、江戸甘みそなど甘みの強い米みそ、東海地方特有の豆みそもあります。
 一方、関西で好まれるのは白みそ。
府中みそ、讃岐みそなども甘みの強い米みそです。信州では辛口で淡色の米みそが、九州や四国では麦みそがおなじみです。

料理によっては相性のよいみそを選ぶ
 みその好みは十人十色ですが、料理との相性がはっきりしたものもあります。白みそは関西風のお雑煮やぬた、魚介の西京漬けに、豆みそは赤だしやみそ煮こみうどんに、麦みそはさつま汁に、といった具合。また、みそ汁は、夏場は辛みのきいた赤みそ、冬場はまったりとした白みそでと、季節によって使い分けるのも知恵です。

始めよう、メタボ予防

しっかり禁煙
喫煙はがんや動脈硬化のリスクを高めます。自分のためにも家族のためにも禁煙に挑戦しましょう。

百害あって一利なし
 タバコを吸っている人は、吸わない人に比べてメタボリックシンドロームを発症するリスクが高いことがわかっています。喫煙は肺がんをはじめ、喉頭がん、食道がん、胃がんなど多くのがんのリスクを高めるだけでなく、動脈硬化を進行させます。また、喫煙によって血管が収縮し、血圧が上昇して心臓に負担がかかることで、循環器系の病気にかかるおそれも高くなります。
 タバコの害は本人だけでなく、まわりの人にも及びます。習慣化した喫煙をやめるのは大変ですが、少しずつでも本数を減らす努力をしましょう。

禁煙を成功させるには?
 禁煙を決意したら、いつから始めるかを決め、周囲の人にも伝えて協力を得られるようにしましょう。タバコが吸いたくなる場所や状況はなるべく避け、吸いたくなったときには、深呼吸をしたり、別のことをしてみましょう。
 二コチン依存度が高い人は、禁煙補助薬や医療機関のサポートを受けるのも一法。一定の条件を満たせば、健康保険も適用されます。

11月(霜月・しもつき)の季語と俳句

朝晩は冷えこんで、すっきり冬めいてきました。
立冬、小雪、時雨、肌寒など、寒さを連想させる季語が並ぶ中、生姜湯、大根、蓮根掘るなど、生活感を漂わせる季語も目立ちます。

小春日和【こはるびより】
玉の如き小春日和を授かりし 松本たかし 松本たかし

 立冬過ぎに、春のように暖かい晴れた日が「小春日和」。
 晩秋から初冬にかけての一日。本格的な冬の駆け足の切れ目に、ふと春のように穏やかな日を授かった…。その暖かな日和の一日を、「玉の如き」という表現に託しています。
視覚的な「玉の如き」を感覚的な表現に転じて見せたところに、病身だった作者の奥深い心境が伺えます。

木枯・凩【こがらし】
木がらしや目刺にのこる海のいろ 芥川龍之介 芥川龍之介

 「木枯し」は初冬に吹く強い寒風。冬の到来を告げます。
 木枯しの吹きすさぶ日、知人より送られてきた目刺しは、いかにも新鮮で海の香りをとどめ、海の色が残っているようだ…。活きのいい目刺しの色に、はるか彼方の海の蒼さを感じとったのでしょう。庶民的な素材を扱いながら、庶民的日常性を超えた、芥川ならではの感性豊かな作品です。

こんな季語もあります

初霜 冬日和 冬構 小春 炬燵 酉の市 七五三 柴漬 山茶花 鷹 蕎麦刈

【ご注意】この情報は2013年11月現在のものです。