• 健康・美容はこちら

健やか通信2013年8月号

照りつける太陽がまぶしい8月。夏休みを利用しての家族旅行や、月遅れのお盆で帰省する人も多いことでしょう。夏祭りや盆踊り、花火大会、暑気払いなど、楽しい予定も盛りだくさん。立秋をすぎれば暦の上では秋ですが、まだまだ厳しい残暑が続きます。熱中症や夏バテに気をつけて今月も健やかにお過ごしください。

8月 葉月(はづき)
木の葉が繁茂し、次第に落ちてくるころ「葉落ち月」がなまって「はつき」、渡り鳥の雁がはじめてやってくる月「初来月(はつきつき)」から「はつき」など諸説あります。

今日は何の日?

月遅れの盆のイラスト

6日 広島原爆の日・9日 長崎原爆の日
1945年8月6日午前8時15分17秒、アメリカ軍のB29爆撃機エノラ・ゲイ号が世界初の原子爆弾「リトルボーイ」を投下、広島を一瞬のうちに瓦礫の山としました。9日には長崎にも投下され、多くの尊い命が奪われています。 毎年、これらの日には平和記念式典が行われ、この悲劇から目をそむけることなく、犠牲者の霊を慰め、世界に向けて平和への祈りのメッセージを発信しています。

7日 立秋
二十四節気のひとつ。暦の上ではこの日から秋に入りますが、実際には残暑厳しい時期。暑中見舞いは残暑見舞いに変わります。

15日 終戦記念日
1945年のこの日、日本はポツダム宣言を受諾して無条件降伏し、3年8ヵ月に及んだ太平洋戦争が終わりました。戦没者を追悼し、平和を祈念する日として、各地でさまざまな式典が行われます。

15日 月遅れの盆
先祖の霊を供養する行事。本来は7月の行事ですが、月遅れの8月に行う地域が多いようです。 ちなみに盆踊りとは、迎えた霊を賑やかな踊りで慰め、あの世へ送るための風習。徳島の「阿波踊り」や岐阜の「郡上おどり」が有名です。

16日 京都五山の送り火
お盆に行われる京都の伝統行事。京都を囲む5つの山に「大文字」など5種類の送り火を焚きます。

23日 処暑(しょしょ)
二十四節気のひとつ。厳しい暑さが峠を越し、秋の気配があらわれるころです。

25日 即席ラーメン記念日
1958年、日清食品が世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発売。創業者の安藤百福が麺を油で揚げる「油熱乾燥法」を編み出しました。うどん1玉6円だった当時、―袋35円と高価でしたが、熱湯をかけて3分で食べられるとあって爆発的な人気となりました。

31日 野菜の日
1983年に食料品流通改善協会など9団体が、野菜の栄養価やおいしさを見直してもらおうと制定。日付は8・3・1でヤサイの語呂合わせから。

今月の味 バーベキュー

バーベキューの写真

バーベキューの語源はスペイン語の「バルバコア」で、野外で肉などを料理するという意味。狩りで獲った鳥や動物を丸焼きにして食べたのが始まりです。やがて、結婚式や収穫のお祝いに、野外で肉や魚を焼いて食べることを指すようになり、野外で炭火や焚き火で焼いて食べる料理、あるいは野外で楽しむ食事そのものを指すようになりました。
材料は牛肉、豚肉、鶏肉など肉類のほか、すぐに火が通るソーセージ、えびやいか、ほたてなどの魚介類、野菜は火が通りやすくて焼いてもくずれにくい、とうもろこしやなす、ピーマン類がおすすめです。出かける前にある程度下ごしらえをしておくと現地での手間が省け、ごみも少なくてすみます。とくに肉類は保存袋などに入れて下味をもみこんでおくと、味がよくしみておいしくただけます。また、火が通りにくいいも類や、バラバラになりやすいきのこ類は、ホイル包みの技を使うと、焦げにくくなります。
調味料類は焼き肉のタレやポン酢しょうゆ、サルサソース、おいしい塩やハーブ類、レモンなどの柑橘類などもあると、いろいろ楽しめます。

どこが違う?どう違う?トマトピューレー、トマトペースト、トマトケチャップ

オムレツに、スパゲッティに、そして人気のイタリア料理にも欠かせないトマト加工品。いずれも完熟トマトを裏ごしして作ります。大きな違いは、ピューレーとペーストは調味料を加えず、ケチャップは調味されている点。ピューレーとペーストの違いは濃縮の度合いにあります。

●トマトピューレー
完熟トマトを砕いて裏ごしし2.5〜3倍に濃縮したもの。少量の食塩を加えることもあります。トマト水煮と同様、シチューやトマトソース、ミートソースなどのベースとして広く利用できます。裏ごししてあるので仕上がりはなめらか。余計な味つけをしていないので、好みに調味できます。

●トマトペースト
完熟トマトを砕いて裏ごしし、5〜6倍に濃縮したもの。少量の食塩を加えることもあります。トマト味の煮こみ料理に使うほか、基本調味料としての利用価値もあります。料理の仕上げに加えてコクを出したり、かくし味として使います。  ビーフシチューの仕上げに加えると風味とコクが増し、カレーに加えるととんがった辛みがやわらぎます。テリーヌなど水気を控えたい料理の色出しや風味づけにも向きます。

●トマトケチャップ
完熟したトマトを砕いて裏ごし濃縮して、食塩、酢、香辛料、糖類、玉ねぎなどを加えて調味したものです。
 卓上調味料として、フライトポテトやオムレツ、ソーセージにそのままつけたりかけたりできる手軽さが特長。スパゲッティやチキンライス、炒めものなどの味つけや色づけにも便利です。また、肉や魚介類の下味に使えば、味に変化が出るほか、マヨネーズやウスターソースと混ぜて手軽においしいソースが作れます。

オムレツとスパゲッティの画像

始めよう、メタボ予防

ジュースや冷菓のとりすぎに注意

暑さが厳しくなると、つい手が出るジュースなど清涼飲料水や、アイスクリームなど冷たいお菓子。これらの食品には砂糖が多く含まれているため、思っている以上に高エネルギーです。食事を控えめにしても、ジュースやアイスをとりすぎていたら、効果がありません。

のどか乾いたら水かお茶
のどごしがさわやかな清涼飲料水ですが、コーラは1缶(250 ml)で115kcal、加糖の缶コーヒーは1缶(190ml) 72kcal。りんごジュース(果汁100%濃縮還元)は200mlで86kcalもあります。 これらに比べて水やお茶は0kcal。メタボ予防のためには、なるべく水かお茶を選んだり、コーラや缶コーヒーでも無糖のものを選ぶようにしましょう。

アイスクリームはさらに高エネルギー
ひんやりと冷たい囗あたりがうれしいアイスクリーム。でも、アイスクリームには、砂糖に加え、乳脂肪分が含まれているので、ジュースよりさらに高エネルギーです。
バニラアイスクリーム1個(150ml)は270kcal。ご飯茶碗1杯(150g・252kcal)を上回ります。暑いからといって食べすぎるとエネルギーオーバーになるので、要注意です。
*エネルギー数値は「五訂食品成分表」より算出

8月(葉月・はづき)の季語と俳句

夏の暑さも終盤を迎え、暦の上ではもう秋。残暑、立秋、秋近しなど秋を感じさせる季語や、ねぶた、花火、竿灯、踊りなど季節の行事・歳事を表す季語が目立ちます。

天の川【あまのがわ】
荒海や 佐渡に横たふ 天の川 松尾芭蕉

天の川がもっとも明るく輝くのは秋。秋の日本海は普段は穏やかですが、彼方に見えるのは流人の島・佐渡。波静かな海も芭蕉には荒海と映ったのでしょう。夜空に白く輝く銀河を、流人たちはどんな感慨で仰いでいることか…。
悲しい歴史の島への芭蕉の思いがこめられた名句です。

相撲【すもう】
やはらかに 人分け行くや 勝相撲 高井几董

たった今、相手を負かした力士が、ゆっくりと人垣をかき分けながら引き揚げてゆく。勝負に勝った誇りと安堵感。力士の泰然たる風格までもが伝わってきます。
相撲は神事と関わりが深く、かつて宮中では初秋の行事として相撲の節会が行われたため、秋の季語となりました。

こんな季語もあります

初嵐 流星 墓参 迎火 盂蘭盆 走馬燈 大文字 隠元豆 南瓜

鳳仙花 芙蓉 カンナ 桐一葉

【ご注意】この情報は2013年8月現在のものです。