• 健康・美容はこちら
大人のてくてく散歩 蔵造りの町にふれる、小江戸・川越歩き

大人のてくてく散歩5 蔵造りの町にふれる、小江戸・川越歩き

城下町として栄え、随所に江戸・明治・大正の面影を残す川越市。
中でも蔵造りの店が並ぶ町並みは、江戸の面影を継承した地域で、寄り道をしながら歩く楽しみがたくさん詰まっています。
この冬は、心もほっこりする「小江戸」の散歩に出かけませんか。

小江戸・川越の町並み

名所をクリック! 蔵造りの街並み 陶器やまわ 地図を拡大する

蔵造りの町並み

蔵造りの町並みの写真

鬼瓦を飾った瓦屋根に黒や白の漆喰で仕上げられた壁―。
重厚感のある2階建の店蔵(蔵造りの店)がずらりと並ぶ蔵造りの町並みは、川越散策で最も人気の高いエリアです。各店蔵はお菓子屋や土産物、日用品などを扱う店舗として今なお現役。まるでタイムスリップしたかのような楽しさが味わえます。この町並みが誕生したのは明治26年(1893年)。その年の川越大火で町の約1/3が焼失した際、類焼を免れた耐火建築の店蔵に倣い、多くの店蔵が建てられました。現在では国の重要伝統的建造物群保存地区になっており、「美しい日本の歴史的風土 100選」にも選定されています。

陶舗やまわ

地元で代々続く瀬戸物店。明治26年に建てられた店蔵を受け継ぎ、外観は蔵造りそのままに、内部をモダンにしつらえています。店蔵ならではの太い柱や梁を生かした店内では、ふだん使いの器から贈答品まで、陶器やガラス器などを多様にラインナップ。また、川越市内や近郊で活動している陶芸作家の作品も豊富に取り揃えており、優しい手触りやフォルムの器の中から、自分好みのものと出会う楽しみがあります。

埼玉県川越市幸町 7-1  TEL.049-222-0989
営業時間/10:00〜18:00 (水曜日は17:00まで)
定休日/不定休
アクセス/川越市駅より徒歩約20分、本川越駅より徒歩約15分

陶舗やまわの写真

川越藩の城下町として栄えた川越には、歴史ある寺社仏閣が点在しています。
川越の歩き方としておすすめの一つが、7つの神様にお参りする「小江戸川越七福神めぐり」。蔵造りの町並みも楽しめるコースです。

お正月に初詣を兼ねて七福神をお参りしたり、毎月1日のご縁日に歩くのがおすすめ。
お正月とご縁日には各寺でご朱印(有料)がいただけます。
●全行程:約6km(約2時間) ●ご開帳:1/1〜7、毎月1日(受付時間/9:00〜16:00)
●お問合せ: 小江戸川越七福神霊場会  TEL.049-222-6151(天然寺内) 

妙善寺(毘沙門天)

寛永元年に建立、天台宗に属する妙善寺。毘沙門天は仏教の守護神。心には勇気決断、暮らしには財を施すとされる。
【アクセス】埼玉県川越市菅原町 9-6

天然寺(寿老人)

天分23年(1554年)創建の天然寺。寿老人は中国の神様で、福禄寿と同体異名であるともいわれている。長寿の神様として信仰されているほか、富財・子宝・諸病平癒も施す。
【アクセス】埼玉県川越市仙波町 4-10-10
天然寺の写真

喜多院(大黒天)

喜多院の写真

徳川家ともつながりの深かった、天長7年(830年)創建の天台宗の寺。大黒天はインドにルーツを持つ神で、仏教での戦闘神。食を司る台所の神様としても信仰を集める。
【アクセス】埼玉県川越市小仙波町 1-20-1

成田山(恵比須天)

大本山成田山新勝寺の別院で、真言密教の寺院。鯛を抱いた姿の恵比須天は、福の神の代表格。古くから海の神として進行され、商売繁盛の神様としても親しまれている。
【アクセス】埼玉県川越市久保町 9-2

蓮馨寺(福禄寿神)

徳川時代には浄土宗関東十八檀林(僧の学問所)の一つだった蓮馨寺。福禄寿神は、幸福(子宝)・高禄(財産)・長寿(健康で長生き)の三徳を与える神様。
【アクセス】埼玉県川越市連雀町 7-1

見立寺(布袋尊)

永禄元年(1558年)開山の見立寺。小柄で太鼓腹、大きな袋を持つ布袋尊は弥勒菩薩の化身といわれた中国唐代の禅僧・契此(かいし)。その笑顔から安らぎをもたらすとして親しまれている。
【アクセス】埼玉県川越市元町 2-9-11

妙昌寺(弁財天)

日蓮宗大本山池上本願寺の末寺として、永和元年(1375年)に開創。弁財天は七福神の中で唯一の女神で、弁舌・芸術・財福・延寿を授けるとして、商人や芸人にも親しまれている。
【アクセス】埼玉県川越市三光町 29

川越市蔵造り資料館の写真1

川越市蔵造り資料館

煙草卸商を営んでいた、「万文」の主人・小山文造が川越大火の直後に建てた店蔵を、資料館として公開。黒漆喰で仕上げられた店蔵から、奥に続く住居、煙草蔵などを見学できます。蔵の中では、煙草卸商の道具や、川越大火の様子がわかる資料類が展示され、川越に店蔵が建てられた歴史的背景も学べます。

埼玉県川越市幸町7-9
TEL.049-222-5399 (川越市立博物館)
開館時間/9:00〜17:00  (入館は16:30まで)
休館日/月曜日・第4金曜日 (祝日の場合は翌日)、12/28〜1/1
入館料/大人100円
アクセス/川越市駅より徒歩約20分、本川越駅より徒歩約15分

川越市蔵造り資料館の写真2

歴史・文化を無料観覧 秋の社会科見学  タワーブームで賑わう 東京の下町歩き

【ご注意】この情報は2011年12月現在のものです。