• 健康・美容はこちら

カラフルなコースター作りにチャレンジ!

完成画像

「織物」をやってみたいけれど、特別な器具や材料が必要だし、難しそう―とあきらめていませんか?
「エコ織り小物」の道具は段ボール箱や編み物で使うとじ針など、身近なものばかり。
材料も、古くなったハンカチやシャツを細く切ったものを使います。
板に張った縦糸を交互にすくいながら織り進めるだけで、コースターのできあがり!

用意する道具・材料

用意する道具・材料の写真

1 ハンカチ(約40cm角のもの1枚で、約10cm角のコースター1枚が出来ます)
2 毛糸用とじ針
3 たこ糸(5号くらいの太さ)
4 定規
5 フォーク
6 ハサミ
7 セロハンテープ
8 メジャー
9 手芸用ボンド(布の接着に使え洗濯できるタイプ)

板の準備

板の準備の写真

段ボールを用意。段ボールは波目が縦になるように使います。幅は織りたい幅+5cm、高さは織りたい高さ+20cmに、段ボールをカットします。
(今回作る10cm角のコースターでは、幅15cm×高さ30cmにカット)

ハンカチ(約40cm角のもの1枚で、約10cm角のコースター1枚が出来ます)
1 板の下端から10cmのところに織り始めの横線を引き、そこから織りたい布の高さまでを測って仕上がり線を引きます。
2 仕上がりの布幅の線を、板の中央から左右均等な余白で引きます。
3 布幅の線(2)から、左右それぞれ5mm外側に線を引きます。
※裏側でもう一枚織ることが可能です。その場合は裏にも同様の線を引いておくこと。

横糸(裂き布)の作り方

横糸(裂き布)の作り方の写真

ハンカチはまず端の縫い目部分を切り取る。布目に対して平行に、1cmほどの幅で切っていきます。布を畳み、重ねて切ると効率的。

ステップ1,2の写真

「板の準備」の図3の線の左上から巻き始めます。手前から裏へ一巻きしたら、上で固結び。20回巻いていき、3の線の右上で、すぐ横の糸と固結びします。
※糸の幅は巻き終えてから整えればOK。

幅紙(コピー用紙を四つ折りにしたくらいの厚さ)を3本用意。まず1本目の幅紙を、板の上部で縦糸を1本ずつ交互にすくって通します。2本目は、1本目とは逆の縦糸をすくい、3本目は「板の準備」の図1の位置で、2本目の幅紙とは逆の縦糸をすくって通します。

ステップ3の写真

a とじ針に裂き布を通し、縦糸を1本ずつ交互にすくって織り始めます。
 布端は3cmほど残しておきましょう。
b フォークの先で横糸を手前に引き寄せます。

ステップ4の写真

a 上の段に行くほど幅が縮んでいくのを防ぐため、2段目に織り返すとき、縦糸を2の線まで引き寄せ、2段目を織るときに横糸の間に織り込んで留めます。
b 横糸を強く引っぱらず、ふんわりと曲線を描くように少しずつ織り、後からフォークで整えると縮みにくいでしょう。これらの作業を繰り返し、織り込んでいきます。

ステップ5,6の写真

裂き布が短くなったら、糸端を2cmくらい重ねて手芸用ボンドで繋ぎます。

仕上がり線1まで織ったら、その段の下に3cmほど残した布幅を織り込んで隠します。フォークで織り地をしっかり手前に寄せて整えましょう。
※裏側にもう一枚作るなら、このまま同様に2から6まで繰り返します。

ステップ7,8の写真

いよいよ完成間近!上下の端で縦糸を切ります。

縦糸を2本ずつ束ね、根元で結ぶ。適度な長さに整えて切り揃えましょう。

完成画像

「エコ織り」には立体的な作品もあります。

今回は段ボールの板を使って平面的なコースターを作りましたが、空き箱やペットボトルなどを使うと、立体的な「エコ織り」の作品を作ることができます。

立体作品の写真

(左)ティッシュケース、(右)小物入れカップ&ソーサー

エコ織り小物を楽しむ趣味、講座をトウ・キユーピーがご紹介しています。

【ご注意】この情報は2014年2月現在のものです。